加圧シャツ アンダーアーマー

加圧シャツとアンダーアーマーの違いは?

加圧シャツといえば、着ると体にぴったりフィットして締め付けてくれるので体型改革や体幹トレーニングにも最適と人気ですが、アンダーアーマーも同じようにぴったりフィットするのが特徴でこちらも人気が高いです。

 

そんな加圧シャツと、アンダーアーマーの違いはいったい何処にあるのか調査してみました。

 

アンダーアーマーの効果は?

 

まずは、アンダーアーマーの効果についてご紹介します。

 

アンダーアーマーは、着ると体にぴったりとフィットするのが特徴で、よく野球選手やスポーツ選手などが着用されているのを見かけます。

 

最近では、一般の方でもスポーツをする時に着用している方をよく見かけることがあります。

 

このような肌にぴったり密着するタイプの服をコンプレッションウェアといいます。

 

アンダーアーマーを始めとするコンプレッションウェアには、様々な効果があると言われています。

 

主にパフォーマンス向上効果や疲労回復の効果が期待できるといわれています。

 

ですが、1つ疑問が浮かびました。

 

どうしてアンダーアーマーを着るだけでこのような様々な効果を得ることができるの?

 

加圧シャツは、加圧トレーニングの効果や成長ホルモンの分泌が効果に繋がっていると言われているのですが、アンダーアーマーの場合は何が効果に繋がっているのでしょうか?

 

そこで調べてみたところ色々な事が分かりました。

 

まず、パフォーマンス向上効果や疲労回復効果は、アンダーアーマーの着圧で身体にわずかな圧をかける事で、筋肉のブレや無駄な振動を減らす事ができる事が効果に繋がっているようなんです!

 

これによって運動中などの筋肉の消耗を抑えることが出来るようなんです!

 

なので例えば同じトレーニングをしていても、アンダーアーマーを着ている人の方はあまり疲れを感じないというデータもあるそうなんです。

 

さらには疲労を軽減するだけではなく、筋肉のブレが減ることで自分のイメージした通りに身体を動かす能力を高められるので、パフォーマンスが向上するという結果に繋がります。

 

運動中の姿勢が安定する事で、フォームの安定にもつながるので野球のピッチャーがよく着ているのも頷けます!

 

これらがアンダーアーマーの主な効果です!

 

アンダーアーマーと加圧シャツの違いは?

 

アンダーアーマーと加圧シャツの大きな違いというのは、使用する際の効果が全く違うという所では無いでしょうか。

 

アンダーアーマーの場合は筋肉の消耗を抑えたり、疲労回復の効果があるということからスポーツをされる方などに向けたアイテムです。

 

それに対して加圧シャツは、体を引き締めたい人や筋肉をつけたい人など、主に体型を変えたいという人や筋肉を鍛えたいという体型改革を目指す人に向いていると思います。

 

なので、見た目が似ているので同じ物かと思いたくなりますが、大きく効果が違うのでしっかり選んで自分の目指す物に合ったアイテムを使いましょう!