金剛筋シャツ 寝るとき

金剛筋シャツは寝るときも着用OK?睡眠に問題はない?

加圧シャツをいろいろ調べていくと、24時間着用可能や24時間加圧トレーニングといったキャッチフレーズを見かけます。

 

24時間ということは、寝るときも着用していてもいいということになりますよね。

 

金剛筋シャツも睡眠中に着ていても大丈夫なのでしょうか?

 

寝るときに着用していれば睡眠中にもトレーニング効果が得られるし、まさに24時間トレーニング状態に。

 

早く効果を得ることもできそうですし、睡眠中に体が出来上がるなんて夢のようなアイテムですね。

 

ですが寝るときの金剛筋シャツの着用は、ちょっと苦しそうですね。

 

どうすれば金剛筋シャツを着たまま気持ちよく睡眠が取れるのか、調べてみることにしました。

 

体がオーバーワーク状態に

 

調べ始めてすぐ、寝るときの加圧シャツの着用は良くないという事実を知りました。

 

もちろん、体に圧がかかったままなので寝苦しいということもあるでしょう。

 

ですがそれよりも、体を24時間ずっとトレーニング状態にするということが良くないようです。

 

睡眠中は体も休んでいる状態、もちろん筋肉も休息を取っています。

 

寝るときに加圧シャツを着てしまうと、筋肉の休む時間を奪ってしまうことに。体がオーバーワーク状態になってしまいます。

 

使った後は休息させないと、筋肉は発達しません。

 

早く憧れの体になりたいからといって、寝るときにも加圧シャツを着るのはやめましょう。

 

加圧シャツを脱いでゆっくりと休息することをおすすめします。

 

交感神経との関係

 

睡眠中の加圧シャツの着用は、筋肉に休息を与えるためにも避けたいこと。

 

それに、加圧シャツを着たままではゆっくりと休むこともできません。

 

加圧シャツを着ている間は、当然筋肉が刺激されています。

 

交感神経が高まっている状態なので、気持ちよく寝ることはできないはずです。

 

交感神経がオフ、副交感神経がオンになっていないと良質な睡眠を得ることはできません。

 

日中、加圧シャツの着用で体もいつもより疲れているはず。

 

寝ている間くらい、良質な睡眠を取って体をゆっくり休ませてあげたいものです。

 

何度も言いますが、筋肉の発達には休息が必要です。

 

オンとオフをうまく使い分けて、憧れの体を目指しましょう。

 

まとめ

 

加圧シャツのキャッチフレーズで見かける、24時間トレーニング状態というのはちょっと言いすぎなのかもしれません。

 

確かに、寝るときも着用していれば24時間トレーニング効果を得られるので、嘘ではないですけどね。

 

金剛筋シャツを購入したら、早く憧れの体に近づきたい気持ちが沸いてくるでしょう。

 

ですが、焦りは禁物。ゆっくりと時間をかけて、良質な筋肉を育てることが大事です。

 

もちろん日中は、金剛筋シャツを着ていても大丈夫。

 

金剛筋シャツなら白もあるので、仕事中にインナーとしても着用できます。

 

着るだけで加圧トレーニング効果を得られる金剛筋シャツ、あなたも試してみませんか?

 

>>金剛筋シャツの詳細はコチラ