金剛筋シャツ サイズ

金剛筋シャツのサイズはどうやって決めればいい?

ちょっと太っているから金剛筋シャツが着れるか心配。

 

でも心配は無用、金剛筋シャツの公式サイトを見てみると、どんな体型でも着れるということが書いてあります。

 

伸縮性の高いスパンデックス素材を試用しているので太っていても着用でき、贅肉をキュッと引き締めてくれるようです。

 

ですが実際にはMサイズとLサイズが用意されているので、どちらを買えばよいのか悩んでしまう人もいるのではないでしょうか。

 

金剛筋シャツはTEKKINシャツが進化したものらしいし、Lサイズを買って少し余裕で着こなしたい、なんて思っている人だっているかもしれません。

 

ですが実は、加圧シャツのサイズ選びはとても重要なのです。

 

では自分に合った金剛筋シャツのサイズはMなのかLなのか、サイズ選びのポイントをご紹介しましょう。

 

サイズ選びの注意点

 

加圧シャツの実物って、こんなのが本当に着れるのか?と思うくらい小さいんです。

 

ですがとても伸縮性が高く、とにかく伸びるので問題なく着用できるのだとか。

 

その伸縮性のおかげで体に圧が加わり、加圧シャツとしての機能を発揮するのですね。

 

そこでポイントになるのが大きさです。

 

きつそうだからといって大きいサイズを選んでしまっては体に十分な圧がかからず、効果を得ることができません。

 

せっかく加圧シャツを買っても、普通のシャツとしてしか機能しなかったらもったいないですよね。

 

金剛筋シャツにはゆったりとしたサイズ選びは禁物!もしも迷ったなら、小さいほうを買うといいでしょう。

 

サイズ選びの目安

 

加圧シャツも普通のシャツと同じ感覚でサイズを決めても大丈夫です。

 

迷ったら小さいサイズを購入するのがおススメですが、普段よりも小さいサイズを購入してしまうと着れない可能性もあります。

 

より強い加圧力を求めたくなってしまいますが、普段どおりのサイズ選びを心がけましょう。

 

身長と胸囲の目安がありますので参考しにしてみて下さい。

 

○Mサイズ 身長:162cm〜175cm 胸囲:84cm〜96cm

 

○Lサイズ 身長:172cm〜185cm 胸囲:94cm〜106cm

 

金剛筋シャツの公式通販サイトには、目安の体重も記載されています。

 

表になっているので分かりやすく、一目で自分にぴったりのサイズを選ぶことができるでしょう。

 

まとめ

 

あなたの金剛筋シャツのサイズは、Mですか、Lですか?

 

もし太っているからLサイズという人も、金剛筋シャツの効果が発揮されればMサイズにサイズダウンできるかもしれませんね。ひとつの楽しみになるのではないでしょうか。

 

せっかくの加圧シャツ、効果を十分に感じるためにも、自分に合ったサイズを選びたいものです。

 

金剛筋シャツの購入の際は、公式通販サイト下部にあるサイズ目安表を必ず読んでくださいね。

 

>>金剛筋シャツの詳細はコチラ